×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FXの押し目買い@

(FX)押し目買い:相場が上昇を続けている局面での一時的な下げを「押し目(dip)」といい、そこを買い場とすることを「(FX)押し目買い」と言う。(「押し目を拾う」とも言う。)(FX)押し目買いの例:例えばドル円相場において、ドルが上がり続けているときでも、様々な要因が上値を阻み(実需ベースでのドル売りや利益確定売りなど)、一旦、値を下げる時がある。その値が下がったタイミングを見計らって買うのが(FX)押し目買いだ。

FXの押し目買いA

「(FX)押し目」には、買いのオーダーが多く集まるので、(FX)押し目形成後には、直近の高値を上回り、さらに上昇が続く可能性が高い。なのでタイミングよく(FX)押し目買いができると比較的大きな利益を得られる可能性が高い。なので(FX)押し目買いはFX取引において基本の戦略といえる。ただし、上昇局面での下げが、一時的な下落すなわち「押し目」なのか、それとも下降トレンドの入り口なのかを見極めることが重要だ。

FXのタカ派・ハト派

FXにおいてタカ派・ハト派という言葉を良く聞く。FXのタカ派・ハト派とは明確な定義はないが、一般的に「FXのタカ派」というと、鷹のもつ雰囲気や習性から、外交などについて強硬な考えを持っている人や政治家を言う。反対に「ハト派」というと、平和の象徴である鳩をイメージしてか、外交などについて穏健な考えを持っている人や政治家を言う。FX金融市場でよく目にする「タカ派・ハト派」については、「タカ派」が金融引き締め、つまり金利引き上げを推進する側で、逆に「ハト派」が利上げに消極的な立場の人をさしているようだ。

Copyright © 2007 FX 押し目買いをしよう!